個人事業主

個人事業主|個人事業主向けカードローンには手を出すな!【マル秘】

個人事業主のメリット・デメリット

仕事の不満や経済的不安、時間に余裕のないサラリーマンが自営業や個人事業に憧れを抱くことはよくあります。確かに、個人事業は何かと都合が良いと思います。自宅を事務所にしていれば、煩わしい通勤などありませんし、自分の好きなように時間を都合することもできます。なにより、自分のやりたい仕事をフルで営めるのは夢...

≫続きを読む

開業について

これから開業をすることを考えている人は、ある程度の資金を蓄えていると思います。営む事業がインターネットビジネスで、事業費はほとんど必要としないから大丈夫だろうと考えている場合はすぐにでも改めましょう。サービス業やネットビジネスだとしても、やはりいくらかの事業費は必要です。それに、初めはそう思うように...

≫続きを読む

組織から個人へ

サラリーマンから独立を果たしたとき、一番最初に感じるのは放感だと思います。会社に管理されなくなり、自由の身になった喜びは中々のものです。しかし、組織に束縛されなくなった代わりに、今度は自分自身の管理に努めることになります。指示を出す人間がいなくなったのですから当然です。これからの方針、就業時間などは...

≫続きを読む

個人事業主の資金調達

開業する前に、まず自分の資金を確認してみましょう。開業に必要なお金は業種によりけりですが、最低でも200万円以上は確保しておきましょう。まず、自己資産(預貯金、退職金、その他不動産など)を紙に書きだしてみてください。足りない資金は人から借入するカタチになると思います。一番よくあるケースが、家族からの...

≫続きを読む

金融機関からお金を借りる

お金を借りようと思ったら、まず思いつく機関が銀行だと思います。しかし銀行は非常に審査が厳しく、正社員のような企業という後ろ盾がなければ融資は厳しいでしょう。個人事業で金融機関から融資を得たい場合、銀行からは難しいです。そうした場合には、銀行ではなく公的金融機関からの融資を検討してみてください。民間の...

≫続きを読む

個人事業主に有利な経費の話

個人事業主になって有利な面といったら、やはり税金です。個人ですので、従業員とは違って必要経費を差し引くことで税金を控除することができます。必要経費とは、事業を運営するにあたり、必要とされるお金のことです。つまり、この必要経費が多ければ多いほど、税金を納める額を減らすことが出来ます。例えば、交通費を1...

≫続きを読む

個人事業主の副業

個人事業主になれば、サラリーマンとは違い、良い意味でも悪い意味でも時間の融通が利くようになるかと思います。ただ時間を持て余すのは勿体ないという人は副業をやってみては如何でしょうか。就業規則もなにもないわけですから、時間の許す限り副業を営むことが出来ます。これも個人事業の醍醐味でしょう。好きな業種に携...

≫続きを読む

個人事業主のスランプ回避

いままで長い間、個人事業を営んできた人たちは、大抵の方が必ずスランプや憂鬱を経験していることでしょう。それも当然です。会社に勤めている間は企業の業績なんて知ったこっちゃない、最低限与えられた仕事を熟していればお金が入ってきましたが、個人事業ではそうも言ってられません。事業の計画から計画の実行、そして...

≫続きを読む

個人事業主の保険と貯金

よく個人事業主になって、より出費が多くなったという人と、よりお金が貯まりやすくなったという人の二極に分かれることがあります。前者は、私生活のお金も事業に回してどんどん展開させる投資型のタイプで、後者は時間さえあれば仕事をして稼ぐ努力型です。恐らく、どちらも素晴らしいタイプの事業主だと思います。自分な...

≫続きを読む

共済と保険の違い

個人事業主になると大変なのが年金と保険問題です。正社員は企業に属してさえいれば会社が手続きをしてくれますが、個人事業主の場合はそうもいきません。ですが、保険といっても一括りにできないほど種類が多く、専門の書籍などを熟読しなければ保険営業マンの思うままになってしまいます。なので、ここでは個人事業主の為...

≫続きを読む

個人事業主の節約術

いくらお金があっても足りない。そんな職業が個人事業です。昨日より頑張って収入を増やすのはいいことですが、それよりも今日の支出を抑えるように努力をした方が遥かに簡単です。例えば、1日3度ほど購入している120円の缶コーヒーですが、これを控えて自分で作った麦茶を飲めば、1年間で12万円ほど節約できます。...

≫続きを読む

真っ当な個人事業主が関わりたくない相手

特にインターネットを駆使する事業を営んでいると、必ず目にするのが情報商材です。情報商材とは、その専門分野の情報や技術、ノウハウを凝縮した商材を販売するビジネスです。専門の技術を固めた情報商材とは名ばかりで、最近は「月収100万円獲得する方法」「1年でなんと5438万円稼いだ方法を公開します!」「最短...

≫続きを読む

個人事業主の年収

個人事業主の方の年収は、所得との境界線が曖昧で判断しにくいですが、売上げー(原価*経費*税金)という計算によって結果が出た数字が、ほぼ一般的な年収金額です。自営業をされている方はクレジットカードやカードローンの申し込みの年収欄には、このように計算した金額、又は毎月安定してある売上げ金額などが記入され...

≫続きを読む

事業主必須、これだけは覚えておきたい経費一覧

経費とは、事業を営む上で必要となるお金のことです。この費用で、所得金額を計算する際に、収入金額から控除することができます。つまり、この必要経費が多ければ多いほど課税対象額を減らすことができ、節税に繋げられます。しかし当然、必要経費として認められるのは事業に関係のある費用だけです。それ以外の支出を経費...

≫続きを読む

個人事業主の税金

正社員として働いていた頃の納税は、ほとんどの人が給与所得から天引きされていたと思います。しかし個人事業主の場合、これからは自ら申告をして税金を納めなければなりません。そして納める税金は以下の3種類が主となります。@.所得税A.個人事業税B.住民税(市県民税)所得税はご存じのとおり、個人の所得に対して...

≫続きを読む

フリーランスとして生きる道

フリーランスという言葉を聞いたことはあるでしょうか。フリーランスのフリーとは、自由を意味するものであり、いわゆる個人事業主の別名です。会社等の組織に属せずに独立した存在であり、そういった人たちをフリーランサーと呼びます。個人事業主の別名と言いましたが、現代のフリーランスは単なる個人事業主というわけで...

≫続きを読む

自営業者のヒトとの関わり

業をやっていると、様々な人と知り合いになる機会もあるかと思います。様々というのは、人数ではなく人柄です。例えば、同業者やビジネスマン、普通のサラリーマンに気立ての良い主婦などのことです。その中で、どうしても近づいてくる人の中には悪い人もいます。悪い人とは、明らかに風体の悪い人や甘い話を持ち込んでくる...

≫続きを読む

飲食店の開業に必要な費用

いまも根強い人気を誇るのが、飲食店の開業です。起業ブームの頃は、事業を展開すると言えば飲食店でした。商店街を歩くと、老舗飲食店が並んでいるのが分かります。数えきれないほどある個人経営の飲食店ですが、飲食店の開業は他の事業に比べて障害が非常に多いのをご存じでしょうか。まずは当然、料理の腕です。特筆した...

≫続きを読む

飲食店の経営方法を考える

飲食店を開業するとして、どのように運営していきたいかを考えます。個人事業として始めた方がいいか、法人として経営したいか、それともフランチャイズ契約するという手もあります。まず、どの経営スタイルで始めていきたいかを考えます。とりあえず一軒で始めたいと考えている場合は個人事業主として開業するのが手軽で良...

≫続きを読む

上手な独立開業を心掛ける

事業を運営していくにあたり、最も大切にしてもらいたいのが経営への姿勢です。「なんのために独立・開業をしたのか」「将来、自分はどうありたいのか」「現状に満足しているか」などの考え方や理念のことであり、これらは自分を働かせる糧となります。今一度、考えて見ましょう。そして目標を達成するのに必要なのが個人の...

≫続きを読む

個人事業主に多い業種

働き方にもいろいろあります。大きく分けるとサラリーマンと事業にわけられます。サラリーマンは人生そのものが会社に束縛されているような感覚のところがありますが、自分で事業を興す場合、比較的自由な働き方ができます。多くの人が自分がやりたいことが実行できないまま日々、過ごしています。このようなことから個人事...

≫続きを読む

個人事業主の開業準備

個人事業を開業するのに、事務所や店舗の確保や費用などの準備が必要です。また、個人事業を開業したいといっても、いきなり開始できるというわけではなく、開業できるまでの期間、場所の確保、税務署への届出など、開業するまでの準備期間は、業種にもよりますが、約1年間くらい必要です。業のために資格など取得する場合...

≫続きを読む

開業資金の用意の仕方

事業を開業するためには、資金調達が欠かせませんが、資金をどこから借りるのかを良く考える必要があります。友人や知人からというのが手っ取り早く、一見よさそうに思える方法ですが、この場合贈与と見なされる場合があり、注意が必要です。利息をきっちり払い、お金の貸借を記入しコピーをとるなど証拠を残しておきましょ...

≫続きを読む

開業資金はどのくらい必要なのか

業種により、開業準備金額はことなりますが.開業総額のうちの約3分の1が自己資金です。自営業を始めるのに自己準備資金の準備が必要です。準備できていないと、残金融資が十分融資されないこともあり、自己資金の準備が全くできていない人は自営業が順調に運ぶことが難しくなります。事業を成功させるのには、事業資金調...

≫続きを読む

個人事業主の確定申告

個人事業主の確定申告では税金を払いすぎているという傾向にあるので、上手に申告して、賢く節税しましょう。確定申告は、事業存続に大きくかかわっているので、確定申告書の書き方が、事業が生き延びるか、そうでないかにかかっているといっても過言ではありません。節税のための上手な確定申告書の書き方は必須です。一年...

≫続きを読む

経費として認められる意外なもの

経費として認められるのは、事業の利益につながるのかどうかがポイントになります。税務署で税務官が調べて、あまりに高額すぎる経費は経費と見なされないことがあります。経費とは、事業を遂行するのに必要支出です。事業遂行に関係がない支出は経費と見なされません。物を買ったら、どんなものでも領収証は必ず、保管して...

≫続きを読む

個人事業主の税金対策

サラリーマンなら経費を減らすことが節税になりますが、個人事業主は経費を増やすことが、節税になります。経費が増えると、それだけ経費に計上できる項目が増えるからです。また、確定申告のときは、青色申告も一緒に行ないましょう。65万円までの税金を納めなくていいので得です。たとえば、税率3割の人は65万円×3...

≫続きを読む

個人事業主向けのカードローン

個人事業主の方が資金繰りの悩みに対応できる個人事業主向けのカードローンも多数あります。個人事業者が資金調達するのに友人・知人から借りる、政府金融機関から借りるなど様々な方法がありますが、ふだん、たびたび資金調達が必要になった場合、銀行や消費者金融のカードローンが便利です。即日融資できるカードローンも...

≫続きを読む

個人事業主が使える自治体や国の助成金

個人で事業をはじめる場合、その地域や国から助成金が支給されます。有効に利用して順調な事業のスタートを切りましょう。国の公的な融資や助成金は、個人事業者に対して、積極的に融資や助成金・補助金の支給を行なっています。公的融資は、銀行からも融資を断られた個人事業主に対して低金利で長期返済が可能で、積極的な...

≫続きを読む