個人事業主のカードローンとは?事業者向けの融資先を徹底解説。秘密の裏話も!

借入金額100万円以上

借入金額100万円以上

借入金額100万円以上の場合、審査を通るかは収入額による

借入金額とローン審査

 

ローンを組むためにはまず審査を受けなければなりません。比較的容易に借りることができるといわれているカードローンでも、審査の内容は緩いものの審査を必ず受ける必要があるので、まずは自分に返済能力があるかどうかを証明しましょう。この際見られるポイントはいくつかありますが、特に重要な条件であるといわれているのが現時点での借入金額とローンを組んだ後の借入総額で、条件次第では既に新規でローンを組む事が出来なくなっている可能性があるので、特に現時点での借入金額が多い方は注意が必要です。

 

収入があれば問題なし?

 

カードローンを組む際、多少の債務が残っていても収入があれば問題無しと考える方もいますが、それでも限度というものがあります。確かに審査を受ける時点で借入金額が100万円を越えていたとしても、年収が1000万円以上の方なら問題なくローンを組む事が出来るでしょうが、年収が一定の額を充たしていなければまず審査に合格することは出来ません。特に銀行系カードローンは審査が比較的厳しいといわれているので、収入面で不安がある場合は前もって審査に合格できるように債務を減らすなどの準備をしておきましょう。

 

総量規制の重要性

 

カードローンの審査では総量規制が非常に重要な意味を持ってきます。総量規制とは年収の3分の1以上のローンを消費者金融からは組めないようにする仕組みで、年収の3分の1を超えた時点で新規のローンは組めなくなります。そのため借入金額が100万円以上ともなれば、追加でローンを組んだ時点で収入の3分の1以上をオーバーする可能性が高くなってしまうので、既に他者のローンを組んでいるという方は、これから借りるローンの金額と合わせた総額がどれくらいになるか計算してみてください。

関連ページ

借入金額0円(なし)
個人事業主のカードローンとは?事業者向けの融資先を徹底解説。秘密の裏話も!
借入金額10万円以下
個人事業主のカードローンとは?事業者向けの融資先を徹底解説。秘密の裏話も!
借入金額10万円〜30万円
個人事業主のカードローンとは?事業者向けの融資先を徹底解説。秘密の裏話も!
借入金額30万円〜100万円
個人事業主のカードローンとは?事業者向けの融資先を徹底解説。秘密の裏話も!