個人事業主のカードローンとは?事業者向けの融資先を徹底解説。秘密の裏話も!

借入件数3件〜4件

借入件数3件〜4件

借入件数3件〜4件の場合、審査には相当不利

借入件数が審査に与える影響

 

カードローンは少々金利が高くなる代わりに、すぐに借りることが出来る手軽なローンとして人気を集めています。すぐにローンを組めるように審査も緩くなっているので、他のローンを借りるのが難しいとされる方でもカードローンなら組む事が出来るかもしれません。カードローンの審査は条件こそ緩いものの審査基準は変わらず、返済能力があるかどうか様々な要素からチェックしていきますが、他社の借入件数が審査に与える影響は非常に大きく、収入面では問題ない方でも審査に通らなくなることがあります。

 

多ければ多いほど不利

 

ローンの審査を受ける際は、他社の借入件数が多ければ多いほど不利になると考えてください。借入件数が多いということはそれだけ返済のための負担が掛かっているということになりますし、複数のローンを組む計画性の無い人間として見られるので、借入件数が3〜4件の方は銀行系カードローンや大手消費者金融のカードローンではまず審査に合格できません。確実にローンを組みたいのであればまずは現時点で残っているローンを早めに返済しましょう。

 

借りられるローンはある?

 

借入件数が3〜4件ある場合、多くの消費者金融ではローンを組む事が出来ないとされていますが、この状態からでも借りられるローンを差がしたい時は、中小の消費者金融を当たってみましょう。消費者金融にも大手と中小があり、中小は一人でも多くの顧客を獲得するために大手よりも審査基準を緩くしているところが多いので、多少借入件数が多くてもローンを組む事が出来ます。その代わり金利が大手よりも高く設定されていることが多いので、返済時の負担を考慮するとなるべく避けるべき選択肢であることは覚えておきましょう。

関連ページ

借入件数なし
個人事業主のカードローンとは?事業者向けの融資先を徹底解説。秘密の裏話も!
借入件数1〜3件
個人事業主のカードローンとは?事業者向けの融資先を徹底解説。秘密の裏話も!
借入件数5件以上
個人事業主のカードローンとは?事業者向けの融資先を徹底解説。秘密の裏話も!