個人事業主のカードローンとは?事業者向けの融資先を徹底解説。秘密の裏話も!

個人事業主向けカードローンには手を出すな!【マル秘】

個人事業主のカードローン

個人事業主の節税

個人事業主のカードローンって…

業績アップ

資金に悩みのある個人事業主の方へ。まずは現状の経費を見直してみましょう。様々な費用を経費として節税をしましょう。

また、個人事業主の方に向けた借入先のご紹介もしていきます。

個人事業主の税金

個人事業主の所得税は、まず全体の「売上」から「経費」を引いたものが「所得」といいます。

この所得から各種控除を除いたものが「課税所得」となり、これに税率をかけ支払わなければいけない「所得税」の額が算出されます。

以上のことから「売上」が少なく「経費」が多ければ所得税額が小さくなることがわかります。

個人事業主の経費

売上額から経費を除いたものが所得ですので、売上を減らせばよいのですがそれでは本末転倒ですね。そこでできるだけ経費を多く計上できるようにすることが考えられます。

それは、無駄遣いをするということではありません。経費にするべきものを経費にしていない個人事業主の方は多いのです。手間がかかりますが、売上規模の小さいうちは細かいところが重要です。

税金を払いすぎないようにすることが大切です。最低限の経理の知識を身につけましょう。

経費として認められるもの

  • 食事代
  • 残業食事代
  • 書籍購入費
  • 家賃
  • 光熱費
  • 通信費
  • 備品購入費
  • サーバー代
  • 交通費、ガソリン代、高速代
  • 広告宣伝費
  • 会議費
  • 家族への給料
  • 交際接待費
  • 慶弔費

意外なものを経費として落とすことができます。

例えば、外食をするときもレシートは必ずとっておきましょう。食事をする相手が仕事の関係であるときはもちろんですが、見込み客の場合でも経費として落とすことができるのです。個人事業主の方が生活の中で直面する様々な場面の食事や飲み会の費用は経費として認められる場合が多いのです。

自宅を事務所として利用している場合も、家賃の一部を経費として落とすことができます。使用する面積などが基準になってきます。また光熱費も使用割合などを参考に一部を経費として計上することができます。

上記にあげたものは一例で、場合によっては認められないこともあります。基本はすべての領収書を取っておくことです。それが事業に関わる経費であれば税務署や税理士に相談してみましょう。

所得を減らすため経費をわざと使うことも。

年間の売上や控除の額が決まってくる年末に、経費と所得を調整するために、必要なものを年内に購入して今年の分の経費として落とすこともあります。

遅かれ早かれ必要なものであれば、年内のうちに経費として計上し所得を減らすという算段です。

個人事業主の資金借入

まとまった資金が必要だけど、どうすればいい?

ひらめき

どんなに節約したり節税対策をしていても、時に大きな出費が必要なことがあります。事業を拡大するときや、事業が立ち行かなくなったときなど。

お金が必要になる理由は個人事業主の方それぞれにあると思いますが、それに関わらずここではまとまった資金を借り入れする方法をご紹介します。

融資を受ける、資金を調達するにはどうしたらいいのでしょうか。

個人事業主、事業資金の借入

個人事業主の方が事業資金の借入先として、次のパターンがあげられます。
公的融資
  • 国民生活金融公庫の融資
  • 信用保証協会の信用保証付き融資
金融機関
  • 銀行
  • ビジネスローン

事業計画書を作成し国金からの融資を目指す

国民生活金融公庫【国金)の融資を受けるためには、しっかりと練った事業計画書が不可欠です。

創業、起業の際は日本政策金融公庫の創業者向けの低金利で無担保、保証人も必要のない融資を受けることができます。

近年、起業者向けの「新創業融資制度」(上限1000万円)を強化しているので、これから事業を始める方は検討してみるとよいでしょう。

銀行からの融資を受ける

銀行からの借り入れは、単なる借金というマイナスイメージではありません。銀行に自分のビジネスの可能性を認めてもらい、融資を受けることは銀行と事業者の共同のビジネスと捉えることができます。

しかし銀行からの融資を受ける際は審査から実際の融資までに時間がかかることが多いのです。それも銀行側としては、しっかりと返済が見込める事業であるか見極める必要があるためです。

個人事業主のビジネスカードローンとは

各銀行や金融業者が展開する、事業者向けのカードローンというものがあります。

通常のクレジットカードと同じようなものですが、総量規制対象外となり限度額が年収の3分の1に制限されませんので事業資金としてまとまった額が必要な場合にも対応することができます。

また、審査から融資はとてもスピーディーであることが最大のメリットです。さらに、一度カードを作れば全国のATMから24時間借入をすることができるのです。

普段使いのカードとして、1枚持っておくことは非常に心強いです。

便利さと引き換えに金利が高めなので、メインの借入先としてはおすすめしませんが上手に利用することで資金繰りの幅が広がります。

【プロミス】平日14時までにWEB契約完了で<当日振込>

モノは使いよう!個人事業主向けカードローンには手を出しても良い。

フリーランスのカードローンはこちら